吾が好む所に従わん

子曰く(しのたまわく)、富にして求むべくんば(とみにしてもとむべくんば)、執鞭の士と雖も(しつべんのしといえども)、吾亦之を為さん(われまたこれをなさん)。如し求むべからずんば(もしもとむべからずんば)、吾が好む所に従わん(わがこのむところにしたがわん)。

【訳】
先師が言われた。
「私は富をどうしても求めなければならないものなら、行列のお先払いでも喜んでしよう。だが、求めてはならないものなら、私はたとえ貧乏をしても自分の好きなことをやりたい。」

4月27日、今日の論語一日一言です。

”富は天からの預かり物。だから自分のやるべきことをやるだけである”と論語コンプリートにあります。

富を得る方法が、自分からしなければ与えられないものだとするならばどんなにやばっちい仕事でもする。

しかし、そうではないことを知っている人が富を得ている事実があるように感じます。

自分の生涯の富が決まっているとしたら、計画を立ててそれをひとつ一つクリアしてくようなことのほうが楽しそうです。

仕事でも、サービスが先、利益が後という言葉もあります。

今、やるべきことをしっかりやることが大事なんですね。

今日も一日がんばります。