吾が友嘗て斯に従事せり

曾子曰わく(そうしいわく)、能を以て不能に問い(のうにもってふのうにとい)、多を以て寡に問い(おおきをもってすくなきをとい)、有れども無きが若く(あれどもなきがごとく)、実つれども虚しきが若く(みつれどもむなしきがごとく)、犯されて校いず(おかされてむくいず)。昔者、吾が友嘗て斯に従事せり(むかし、わがともかってここにじゅうじせり)。

曾先生が言われた。
「才能のあるのに才能の乏しい人にも問い、知識が多いのに知識の無い人にも問い、徳があってもまるでないように振舞い、迫害を受けてもこれを仕返しをしない。昔、私の尊敬する友だちは生涯これを実行されたのだが」

5月22日、論語一日一言、今日の言葉です。

昨年の今日が「日日是好日」で論語を開始した日でした。

論語一日一言はもっと先でしたが人間やればできるものですね~。

しかし、すっーと論語の一節が出てくるようになるまでとなるとまだまだのようです。

目的は明確にということころがずれているからなんでしょうか。

しかし、とりあえず一年できたので次の目標をたてなければいけませんね。

今日の論語コンプリートは”自分を向上させることに終わりはない”とありますので終わりはないとも思います。

この昔の尊敬する人は顔回様のことということですからいかにすばらしき人物だったんでしょう。

どんなことからも学ぶ姿勢は大切です。

ぶれない考え方をしっかりと持ちそこから計画性をもって実践しなければいけませんね。

今日も一日がんばります。