7月15日、今日の論語一日一話です。

子曰わく、論の篤きに是れ與せば、君子者か、色荘者か。(先進第十一)

しのたまわく、ろんのあつきにこれくみせば、くんししゃか、しきそうしゃか。(せんしんだいじゅういち)

伊與田覺先生の解説です。

先師が言われた。
「弁論がしっかりとしているというだけで判断したのでは、真の君子かうわべを飾る偽者かわからない」

”言葉だけですぐに人を判断してはいけない”と論語コンプリートにあります。

口がうまい人は世の中にはいます。

人を言葉だけで判断してはいけませんね。

言葉と行動がともなっていなければなりませんね。

毎日、ともなっていない自分との葛藤があります。

「やるやると言った人間にやったやつはいない」という言葉を思い出しました。

やると言わずに行動することですね。

今日も一日がんばります。