君子者か、色荘者か

7月15日、今日の論語一日一話です。

子曰わく、論の篤きに是れ與せば、君子者か、色荘者か。(先進第十一)

しのたまわく、ろんのあつきにこれくみせば、くんししゃか、しきそうしゃか。(せんしんだいじゅういち)

【訳】
先師が言われた。
「弁論がしっかりとしているというだけで判断したのでは、真の君子かうわべを飾る偽者かわからない」

”言葉だけですぐに人を判断してはいけない”と論語コンプリートにあります。

人をどう判断するのかというのは人それぞれの基準があると思いますが言葉だけで判断するのは危険ということですね。

自分が一番感じるところでもあります。

うわべではいいことしゃべっても実際の行動がともなわない。

そういうことがあります。

自分に落として混んで行動する。

時間はいつも足りません。

実践こそが全てですね。

今日も一日がんばります。