君子も亦窮すること有るか

陳に在して糧を絶つ。従者病みて能く興つこと莫し。子路慍み見えて曰わく、君子も亦窮すること有るか(衛霊公第十五)

ちんにいましてりょうをたつ。じゅうしゃやみてよくたつことなし。しろうらみまみえていわく、くんしもまたきゅうすることあるか。(えいれいこうだいじゅうご)

【訳】
先師が衛を去って楚に行こうとして、陳におられたときに呉が陳を攻める事件にあい、食糧がなくなった。お供の人々は餓えて起き上がる気力もなくなっていた。子路は恨んで腹を立てて、先師を尋ねた。
「君子も困ることがありますか」

10月8日、今日の論語一日一言です。

”困っても取り乱すな。必ず道は開ける”と論語コンプリートにあります。

実際に困ったことが起きた時にうろたえても解決にはいたりませんね。

乗りこえることのできない困難は来ないという言葉が思い出されます。

安定ということは実際にはありませんね。

常に変化がある。

そこで初めて考えてまた次の策次の策。

さて、どうするか。

しかし、最近の空は代り映えしないですね。

今日も一日がんばります。