12月12日、今日の論語一日一言です。

子貢問うて曰わく、君子も亦悪むこと有りや。子曰わく、悪むこと有り。人の悪を称する者を悪む。下に居て上を訕る者を悪む。勇にして礼無き者を悪む。果敢にして塞がる者を悪む。(陽貨第十七)

しこうとうていわく、くんしもまたにくむことありや。しのたまわく、にくむことあり。ひとのあくをしょうするものをにくむ。しもにいてかみをそしるものをにくむ。ゆうにしてれいなきものをにくむ。かかんにしてふさがるものをにくむ。(ようかだいじゅうなな)

【訳】
子貢が尋ねた。
「君子でも憎むことがありますか」
先師は「憎むことはあるよ。人の悪を人に吹聴するものを憎む。下位にいて上位の者をけけなす人を憎む。そして思い切りがよくて道理のわからない者を憎むよ」と答えられた。

”君子でも憎む者はいる”と論語コンプリートにあります。

君子の憎むものそれは思いやりのない人ですね。

人の欠点を言いふらして、部下であって上司の悪口を言ってばかり。

こういう人は通常だれにでも嫌われちゃいますね。

自分自身の悪い部分が出てくると他人批判をしたりしますね。

すべては自分です。

今日も一日がんばります。