君子は貞にして諒ならず

子曰わく、君子は貞にして諒ならず。(衛霊公第十五)

しのたまわく、くんしはていにしてりょうならず。(えいれいこうだいじゅうご)

【訳】
先師が言われた。
「君子は正しい行いを積んで変わらないが、融通のきかない馬鹿正直ではない」

11月8日、今日の論語一日一言です。

”正しい道理については譲らなくていい”と論語コンプリートにあります。

正論は正しいですが人を傷つけることがありますね。

たしかに押し通すためには正論が必要ですが人間それだけではいけませんね。

譲りながら押しながらうまくやるしかないんですね。

こうだからダメというのでは人として思いやりがないかもしれません。

今日も一日がんばります。