君子は蓋し闕如たり

君子は其の知らざる所に於いては蓋し闕如たり。名正しからざれば則ち言順わず、言順わざれば則ち事成らず。(子路第十三)

くんしはそのしらざるところにおいてはけだしけつじょたり。なただしからざればすなわちげんしたがわず、げんしたがわざればすなわちことならず。(しろだいじゅうさん)

【訳】
「君子は知らないことについては黙って控えているものだ。名分がただしくなければ、言葉も順当でなくなる。言葉が順当でなくなれば、物事は成就しない」

8月22日、今日の論語一日一言です。

”すべては名分を正すことから始まる”と論語コンプリートにあります。

知らないことについては黙ってる。

名というのは道理のこと論語コンプリートにあります。

ということは道徳、社会規範みたいなことでしょうか。

それががしっかりてはじめて法律みたいなものが正しくなる。

道徳がしっかりとしていることが大切ですね。

今日も一日がんばります。