君子は能無きを病う

子曰わく、君子は能無きを病う。人の己を知らざるを病えず。(衛霊公第十五)

しのたまわく、くんしはのうなきをうれう。ひとのおのれをしらざるをうれえず。(えいれいこうがいじゅうご)

【訳】
先師が言われた。
「君子は、自分の能力のないのを気にするが、人が自分を知ってくれないことを気にしないものだ」

10月23日、今日の論語一日一言です。

”いつも自分のことを反省しろ”と論語コンプリートにあります。

なかなか時間ない状態になると反省するがすぐに時間に追われまたいつも通りの状態になっているのを感じますね。

根本をかえていかなければなりませんね。

何かをすれば何かが犠牲になるような感じも問題に感じます。

今日も一日がんばります。