子曰わく、質、文に勝てば則ち野。文、質に勝てば則ち史。文質彬彬として、然る後に君子なり。(雍也第六)

しのたまわく、しつ、ぶんにかてばすなわちや。ぶん、しつにかてばすなわちし。ぶんしつひんびんとして、しかるのちくんしなり。(ようやだいろく)

【訳】
先師が言われた。
「質が文に勝てば野人肌である。文が質に勝てば記録係のようだ。文と質とがうまく均整がとれてこそ君子と言える」

4月7日、論語一日一言の言葉でした。

”外見・見かけのよさと中身・実質を兼ね備えたい”と論語コンプリートにあります。

どっちか一方だけではだめということでしょう。

外見や見かけはすぐにやれそうですが、中身はどうでしょう。

中身ばかりで外見を気にしないのも微妙です。

しかし、まずは中身のような気もします。

今日も一日がんばります。