君子は憂えず懼れず

司馬牛、君子を問う。子曰わく、君子は憂えず懼れず。曰わく、憂えず、懼れず、斯れ之を君子と謂うか。(顔淵第十二)

しばぎゅう、くんしをとう。しのたまわく、くんしはうれえずおそれず。のたまわく、うれえず、おそれず、これこれをくんしというか。(がんえんだいじゅうに)

【訳】
司馬牛が君子について尋ねた。
先師が答えられた。
「君子はくよくよと心配せず、びくびくと恐れない」
司馬牛は驚いて尋ねた。
「心配せず、恐れないくらいで君子と言えるのでしょうか」

7月23日、今日の論語一日一言です。

論語コンプリートには”心にやましいことがなくなれば、心配も恐れもなくなる”とあります。

正しい行いをしなければ心のやましさはなくなりませんね。

そう思います。

どんなに学び学習してもタバコを外で捨てるとか落ちているゴミ一つ拾わないのであればどうにもなりません。

ましてや何も感じないようではいよいよです。

やましさすらも感じないんですから。

心配ごとをなくすためにも心のやましさをなくしたいものです。

実践とは本当に難しいものです。

今日も一日がんばります。