君子の道なる者三つ

子曰わく、君子の道なる者三つ、吾能くすること無し。仁者は憂えず、知者は惑わず、勇者は懼れず。(憲門第十四)

しのたまわく、くんしのみちなるものみっつ、われよくすることなし、じんしゃはうれえず、ちしゃはまどわず、ゆうしゃはおそれず。(けんもんだいじゅうよん)

【訳】
先師が言われた。
「君子の道と言うべきものに三つあるが、私には、まだできない。その三つとは、仁者は憂えない、知者は迷わない、勇者は恐れないということだ」

9月28日、今日の論語一日一言です。

”自分はまだまだと謙遜する人こそ向上していく”と論語コンプリートにあります。

論語も年代で感じ方が違うんでしょうね。

自分はまだまだと人は生涯思わなければいけませんね。

思い描く君子になれることは生涯ないでしょうし、そんな人近づきたいと思うことが大切なんでしょうね。

生涯をそのことに費やした人がなれないもの。

その一片を感じることができることに幸せを感じなければいけませんね。

今日も一日がんばります。