子、子賤を謂う、君子なるかな、若き人。魯に君子者無くんば、斯れ焉くにか斯取らん。(公治長第五)

し、しせんをいう、くんしなるかな、かくのごときひと。ろにくんししゃなくんば、いずくにかこれをとらん。(こうやちょうだいご)

【訳】
先師が子賤を批評して言われた。
「こういう人が本当の君子だねえ。魯のどこかに成徳の立派な人物がいなければ、どうしてこのような立派な人物となり得たであろうか」

※子賤は字。姓は宓(ふく)、名は不斉。孔子の門人。

3月12日、論語一日一言、今日の言葉です。

”人はよき師よき友を得ることで成長できる”と論語コンプリートにあります。

孔子様より49歳年下の子賤を君子だといっていますね。

手本となる立派な人が魯の国にはいたんでしょうね。

実際、よき友、よき師がいなければ成長できないことはあると思います。

一人でがんばっても限界がありますし、片寄ってわがままになりますね。

よき人を見て成長したいものですね。

今日も一日がんばります。