君子、親に篤ければ

君子(くんし)、親に篤ければ(しんにあつければ)、則ち民仁に興る(すなわちたみじんにおこる)。故旧遺れざれば(こきゅうわすれざれば)、則ち民偸からず(すなわちたみうすからず)。

【訳】
「偽政者(君子)が親戚に手厚くしたら、民は自ずから思いやりが深くなる。古いなじみを忘れなければ、民は自ずから人情が厚くなる。」

5月18日の論語一日一言です。

”礼を忘れずに手本となれ”と論語コンプリートにあります。

まずは自分の家族からということなんでしょうね。

そして、昔なじみの人も仲良くしなて大事にしなければなりませんね。

自分からの実践が大事ですね。具体的に。

しかし、韓国財閥の人ようにかたよるとわがまま放題ということもあるでしょうから気をつけなければいけませんね。

やはり礼を尽すというのは仁が表に出てくるもの。

「思いやり」を常に忘れないでいようと感じました。

今日も一日がんばります。