2月11日、今日の論語一日一言です。

子曰わく、君に事うるに礼を尽せば、人以て諂えりと為すなり。(八佾第三)

しのたまわく、きみにつかうるにれいをつくせば、ひともってへつらえりとなすなり。(はちいつだいさん)

【訳】

先師が言われた。

「君に仕えるのに礼を尽すのは当然であるが、今の人はへつらいだと言う」

”人の悪口も自分が正しいと思えば無視したい”と論語コンプリートにあります。

忠義ですね。

自分が信じた主君をそれをみてとやかくいう人はいるでしょうね。

会社で例えると社長すり寄っているようなおべっか使ってるみたな感じでしょうか。

しかし、自分が信じて面接して断る権利ももっているのですからね~。

だれに何を言われようと自分が正しいと思えばそれでいいということでしょうね。

今日も一日がんばります。