名を称せらざるを疾む

子曰わく、君子は世を没えて名を称せらざるを疾む。(衛霊公第十五)

しのたまわく、くんしはよをおえてなのしょうせらざるをにくむ(えいれいこうだいじゅうご)

【訳】
先師が言われた。
「君子は、死後になっても自分の名が世に称えられないことをなやみとする」
※世を三十年として「三十年も一心に努力しても世に認められないのを悩みとする」と解する説もある。

10月24日、今日の論語一日一言です。

”死んでから評価されるようにがんばりたい”と論語コンプリートにあります。

死んでからもけなされるようではいやですね。

今だれかから死ねばいいのにと思われていないか心配です。

死んでからどう評価されるのかは今の自分がどうなのかが一番の問題ですね。

評価は他人がするものですが自分自身がどう過ごすかが大事。

今日も一日がんばります。