12月9日、今日の論語一日一言です。

子曰わく、古者、民に三疾有り。今や或は是れ亡きなり。古の狂や肆、今や狂や蕩。古の矜や廉、今の矜や忿戻。古の愚や直、今や愚や詐のみ。(陽貨第十七)

しのたまわく、いにしえ、たみにさんしつあり。いまやあるいはこれなきなり。いにしえのきょうやし、いまやきょうやとう。いにしえのきょうやれん、いまのきょうやふんれい。いにしえのぐやちょく、いにしえのぐやさのみ。(ようかだいじゅうなな)

【訳】
先師が言われた。
「昔は、民に憂うべき三つのことがあったが、今やどうやらそれさえなくなった。昔の狂(志が大きく足元を見ないこと)は肆(大まかでせこせこしないこと)あったが、今の狂は蕩(気まま放題すること)。昔の矜(自分を固く守ること)は廉(節目を正しく潔いこと)であったが、今や矜は忿戻(怒って争うこと)。昔の愚(おろかなこと)は直であったが、今の愚は詐(ごまかし)ばかりだ」

2500年前の昔の人ですからどれくらい前の人のことなのでしょうか。

論語コンプリートにはこうあります。

”昔のよいところは残しておきたい”

狂、矜、愚という三つが変化してきているのを危惧してるんですね。

今の時代はどうなのでしょうか。

日本人の志は小さくなってしまってるでしょうね。

教育が大事ですね。

家庭で子供たちにどんなに正しいことを言い聞かせても、情報を遮断することは出来ないですし、毎日テレビやネットで事件は報道されます。

なぜ、その人達は犯罪を犯すのかを聞かれても明確な答えは言えませんね。

しかし、子供たちの考えを聞き、自分の意見をいい。なぜを繰り返すことは大事ですね。

今日も一日がんばります。