8月27日の今日の論語一日一言です。

子、衛に適く、冉有僕たり。子曰わく、庶きかな。冉有曰わく、既に庶し。又何をか加えん。曰わく、之を富まさん。曰わく、既に富めり。又何をか加えん。曰わく、之を教えん。

し、えいにゆく、ぜんゆうぼくたり。しのたまわく、おおきかな。ぜんゆういわく、すでになにをかくわえん。のわまわく、これをとまさん。のたまわく、すでにとめり。また、なにおかくわえん。のたまわく、これをおしえん。(しろだいじゅうさん)

【訳】
先師が衛の国に行かれたとき、弟子の冉有が御者としてお供をして行った。
先師が、「人口が多いね」と言われた。
冉有がこれを聞いて尋ねた。
「おっしゃるように人口が多いですが、もし先生ならこの上に何をなさいますか」
先師が答えられた。
「民を裕福にしてやりたい」
冉有はさらに尋ねた。
「その次に何をなさいますか」
先師は答えられた。
「(道徳を主とする)人間教育を施そうと思う」

”国民を豊かにし、信義・道徳が浸透する社会にしたい”と論語コンプリートにあります。

国語や算数も大事ですがやっぱりまずは道徳なのかな~と思います。

人間生まれた時から悪染まっていることはないので大切なことはわかっています。

豊かになるとそういう道徳を社会全体が教えなくなっていくので様々な問題がおきるのでしょうか。

今日も一日がんばります。