又何をか加えん

子、衛に適く、冉有僕たり。子曰わく、庶きかな。冉有曰わく、既に庶し。又何をか加えん。曰わく、之を富まさん。曰わく、既に富めり。又何をか加えん。曰わく、之を教えん。

し、えいにゆく、ぜんゆうぼくたり。しのたまわく、おおきかな。ぜんゆういわく、すでになにをかくわえん。のわまわく、これをとまさん。のたまわく、すでにとめり。また、なにおかくわえん。のたまわく、これをおしえん。(しろだいじゅうさん)

【訳】
先師が衛の国に行かれたとき、弟子の冉有が御者としてお供をして行った。
先師が、「人口が多いね」と言われた。
冉有がこれを聞いて尋ねた。
「おっしゃるように人口が多いですが、もし先生ならこの上に何をなさいますか」
先師が答えられた。
「民を裕福にしてやりたい」
冉有はさらに尋ねた。
「その次に何をなさいますか」
先師は答えられた。
「(道徳を主とする)人間教育を施そうと思う」

8月27日の今日の論語一日一言です。

”国民を豊かにし、信義・道徳が浸透する社会にしたい”と論語コンプリートにあります。

諸国を放浪している苦悩の伝わる言葉です。

孔子の理想の国。豊かで道徳教育の行き届いた国。

きっと犯罪も少なくなるでしょうね。、

争いごとのが多かった時代に生きた孔子様。

今の平和に感謝です。

今日も一日がんばります。