匹夫も志を奪うべからざるなり

子曰わく、三軍も師を奪うべきなり。匹夫も志を奪うべからざるなり。(子罕第九)

しのたまわく、さんぐんのすいをうばうべきなり。ひっぷもこころざしをうばうべからざるなり。(しかんだいきゅう)

先師が言われた。
「大軍でも、その総大将を捕虜にすることはできるが、一人の平凡な人でも、その固い志を奪い取ることはできない」

7月1日の今日の論語一日一話です。

論語コンプリートにはこうあります。

本当の志は奪われることはない。

どんな状態になろうとも意志や夢や思いというものは誰に奪えるものではありませんね。

状況や環境で消えてしまったり、奪われるような状態では志とはいえませんね。

それを練り固めるようにするためには口に出すとか毎日の行いが重要な気がします。

”地域社会に貢献し、お客様の「思い」をかたちにする会社であり続けます”

この思いを練り固める必要がありますね。

今日も一日がんばります。