剛毅木訥、仁に近し

子曰わく、剛毅木訥、仁に近し。(子路第十三)

しのたまわく、ぼうきぼくとつ、じんいちかし

【訳】
先師が言われた。
「剛(物事を恐れずに立ち向かう強さ)、毅(苦難に耐え忍ぶ強さ)、木(質実で飾らない)、訥(口数が少ない)なのは、最高の徳である仁に近い。

9月10日、今日の論語一日一言です。

剛毅木訥。

物事に恐れずに立ち向かう強さは勇気ですね。

勇気が必要です。

勇気をもって向かえば苦難が必ずあります。

頑張って踏ん張らなければなりませんね。

よく見せようとしてはいけませんね。

そしておしゃべりに注意が必要。

今日も一日がんばります。