切切偲偲怡怡如たり

子路問うて曰わく、何如なるか斯れ之を士と謂うべき。子曰わく、切切偲偲怡怡如たれば、士と謂うべし。(子路第十三)

しろとうていわく、いかなるかこれこれをしというべき。しのたまわく、せつせつししいいじょたれば、しというべし。(しろだいじゅうさん)

【訳】
子路が尋ねた。
「どういう人物を士ということができましょうか」
先師は答えられた。
「互いに磨き合い、責め励まし合い、そしてやわらぎを喜び合うような人を本当の士と言うことができるよよ」

9月11日、今日の論語一日一言です。

そういう仲間を人生でどれだけ持つことができるのでしょうか。

まずは自分がそういう人物にちかづきたいと思わなければ無理でしょうね。

いつどうなるかなどまったくわからない人生です。

しっかり仕事をしながら今日と向き合わなければいけませんね。

今日も一日がんばります。