其の進むに與するなり

子曰わく(しのたまわく)、其の進むに與するなり(そのすすむにくみするなり)、其の退くには與せざるなり(そのしりぞくにはくみせざるなり)。

【訳】
先師が言われた。
「私は進んで教えを受けようとする純真な心に組するのだが、退く者は相手にしない」

5月11日の論語一日一言です。

論語コンプリートには”過去や評判にとらわれてはいけない”とありました。

孔子様に教えを乞いに来た評判の悪い村の子供。

しかし、孔子様は教えを乞いに来た人は拒まない。

学ぶ姿勢のあるものを見捨てなかったのですね。孔子様は。

世の中にはわからないこというのはたくさんあります。

そして、仕事というのは一番の学びの場ともいえます。

一人ひとりに仕事というのは割り当てられていますが、となりの人の仕事すらわからないではいけませんね。

仕事はチームプレーです。

学び合いが大切ですね。

今日も一日がんばります。