其の政を謀らず

子曰わく、其の位に在らざれば、其の政を謀らず。(憲門第十四)

しのたまわく、そのくらいあらざれば、そのまつりごとはからず。(けんもんだいじゅうよん)

【訳】
先師が言われた。
「その地位にいなければ、みだりにその職務について口出ししないものだ」

9月25日、今日の論語一日一言です。

”部外者が当事者に口出しすべきでない”と論語コンプリートにあります。

余計なことは言わないといことが大切ですね。

言いたくなる気持ちもわかりますが当事者にしかわからないものもあります。

聞かれたことのみにこたえることが大切ですね。

今日も一日がんばります。