其の位を出でず

曾子曰わく、君子は思うこと其の位を出でず。(憲門第十四)

そうしのたまわく、くんしはおもうことそのくらいをいでず。(けんもんだいじゅうよん)

【訳】
曾先生が言われた。
「君子は自分が、自分の職分以上のことは考えないものだ」

9月26日、今日の論語一日一言です。

”仕事上で、自分の地位を超えることには介入しない”と論語コンプリートにあります。

自分の領域を越えて口出しをするなということでしょうか。

と考えると自分の仕事をしっかりと行いなさいとも言えるんでしょうね。

今与えられている自分のことも満足にできないのに人のことを言うな。

はい、了解です。素直に言いたいところです。

今日一日がんばります。