其の人と為りや

子曰わく(しのたまわく)……其の人と為りや(そのひととなりや)、憤を発しては食を忘れ(ふんをはっしてはしょくをわすれ)、楽しんでは以て憂を忘れ(たのしんではもってうれいをわすれ)、老の将に至らんとするを知らざるにみと(おいのまさにいたらんとするをしらざるのみと)。(述而第七)

先師が言われた。
「……その人柄は、道を求めて得られないときは自分に対して憤りを起こして食事を忘れ、道を会得しては楽しんで心配事も忘れ、そこまで老が迫っているのも気づかない人だ、とね」

論語一日一言、5月3日の言葉です。

”自分の気概を伝えてほしい”と論語コンプリートにあります。

子路は答えなかったんですね。

それは弟子としては答えにくいもんですね。

それを自分で言ってしまう孔子様におちゃめな感じを覚えます。

やりだすと止まらない。言い出したら聞かない。年取ってるのに。

こういうことなんでしょうね。

自分でわかっているのに止まらない。

こういう部分が人間あっていいんだと思います。

今日も一日がんばります。

子曰わく(しのたまわく)……其の人と為りや(そのひととなりや)、憤を発しては食を忘れ(ふんをはっしてはしょくをわすれ)、楽しんでは以て憂を忘れ(たのしんではもってうれいをわすれ)、老の将に至らんとするを知らざるにみと(おいのまさにいたらんとするをしらざるのみと)。(述而第七)

先師が言われた。
「……その人柄は、道を求めて得られないときは自分に対して憤りを起こして食事を忘れ、道を会得しては楽しんで心配事も忘れ、そこまで老が迫っているのも気づかない人だ、とね」

論語一日一言、5月3日の言葉です。

”自分の気概を伝えてほしい”と論語コンプリートにあります。

子路は答えなかったんですね。

それは弟子としては答えにくいもんですね。

それを自分で言ってしまう孔子様におちゃめな感じを覚えます。

やりだすと止まらない。言い出したら聞かない。年取ってるのに。

こういうことなんでしょうね。

自分でわかっているのに止まらない。

こういう部分が人間あっていいんだと思います。

今日も一日がんばります。