1月7日、今日の論語一日一言です。

子曰わく、弟子、入りては則ち考、出でては則ち弟、謹みて信、汎く衆を愛して仁に親しみ、行いて余力あれば、則ち以て文を学べ(学而第一)

しのたまわく、ていし、いりてはすなわちこう、いでてはすなわちてい、つつしみてしん、ひろくしゅうをあいしてじんにしたしみ、おこないてよりょくあれば、すなわちもってぶんをまなべ。(がくじだいいち)

【訳】
先師が言われた。
「若者の修養の道は、家にあっては考を尽し、世に出ては長上に従順であることが第一である。次いで言動を謹んで信義を守り、人々を愛し、高徳の人に親しんで、余力あれば詩書などを読むことだ。」

”人と誠実につき合い、余力あれば教養を高めよ”と論語コンプリートにあります。

家庭では親孝行。外にに出たら目上の人に奉仕。約束を守る。などなど。

まずは人との付き合い方が大事。人間関係の学習。

生きた学問は人間関係なんですね。実践ということですね。

どんなに本を読んだりして教養を深めても人と誠実につき合えなければ意味がないということですね。

学而第一は論語の中でも大事なことが多いですね。

グっとくるものがありますし、痛いとこをつかれます。

人とどう誠実に接するかが重要。

安請け合いは問題ですが、役にも立ちたい葛藤もあります。

今日も一日がんばります。