克己復礼ー1

顔淵、仁を問う。子曰わく、己に克ちて礼に復るを仁と為す。一日己に克ちて礼に復れば、天下仁に帰す。(顔淵第十二)

がんえん、じんをとう、しのたまわく、おのれにかちてれいにかえるをじんとなす。いちにちおのれにかちてれいかえれば、てんかじんにきす。(がんえんだいじゅうに)

【訳】
顔淵が仁の意義を尋ねた。先師が言われた。
「私利私欲に打ち勝って、社会の秩序と調和を保つ礼に立ち戻るのが仁である。たとえ一日でも己に克って礼に帰れば、天下の人も自ら仁になっていく」

7月16日、今日の論語一日一話です。

”自分に勝ち、礼に従った行ないをする”と論語コンプリートにありました。

礼に外れたことは私利私欲。

人間のわがままはやはり私利私欲だという事ですね。

人のことを批判、批評するということ自体それなんでしょう。

自分を中心に物事を考えることは人間の本質的に間違っているのでしょうね。

今現在があること自体、人との協調で人類が成り立ってきた証拠です。

一人一人の力は小さくてもまとまればどうにかなる。

と人類進化を見て思いました。

大一大万大吉

今日も一日がんばります。