9月29日、今日の論語一日一言です。

子曰わく、詐を逆えず、信ぜられざるを億らずして、抑々亦先ず覚る者は、是れ賢か。(憲門第十四)

しのたわく、いつわりをむかえず、しんぜられざるをおもんばからずして、そもそもまたまずさとるものは、これけんか、(けんもんだいじゅうよん)

【訳】
先師が言われた。
「だまされないかと早手まわしもせず、疑われないかと気も遣わずに、平常心で接して相手の心がわかるような人は、賢者と言っていいね。」

他人が自分をだますかもと思ったり、他人が自分のことを疑っていると思って疑心暗鬼になる。

場合によっては、そんな気持ちになる場合もあります。

疑わずに見抜くことができるのは賢人ということです。

だまそうと思う人がいることは哀しいことですね。

今日も一日がんばります。