先ず覚る者は、是れ賢か

子曰わく、詐を逆えず、信ぜられざるを億らずして、抑々亦先ず覚る者は、是れ賢か。(憲門第十四)

しのたわく、いつわりをむかえず、しんぜられざるをおもんばからずして、そもそもまたまずさとるものは、これけんか、(けんもんだいじゅうよん)

【訳】
先師が言われた。
「だまされないかと早手まわしもせず、疑われないかと気も遣わずに、平常心で接して相手の心がわかるような人は、賢者と言っていいね。」

9月29日、今日の論語一日一言です。

”疑心暗鬼生ぜずに人を見抜ければ賢人である”と論語コンプリートにあります。

たまSNSの投稿などで疑心暗鬼にとらわれてしまっている人もいますね。

とくにネガティブな発言は疑心暗鬼と感じます。

心配しないようにしたいと思いつつもそういう気持ちもわかります。

賢者にはなれませんがそういう人のうわさ話とかにとらわれる時間を極力減らしていきたいですね。

無駄な時間です。

今日も一日がんばります。