12月22日、今日の論語一日一言です。

子夏曰わく、君子、信ぜられて而して後に其の民を労す。未だ信ぜられざれば則ち以て己を厲ましむと為す。(子張第十九)

しかいわく、くんし、しんぜられてしこうしてのちにそのたみをろうす。いまだしんぜられざればすなわちもっておのれをやましむとなす。(しちょうだいじゅうく)

【訳】
子夏が言った。
「上に立つ者は、信頼されて後に人民を働かせる。まだ信頼されなければ、人民は自分たちが苦しめられていると思うだろう」

”信用されてからでないと何事もうまくいかない”と論語コンプリートにあります。

信用されるためにはどうしたらいいのか。

やはり、思いやりの気持ちということになるんでしょうね。

人を動かすとは大変難しいものです。

たくさんの人を動かせる人を尊敬してしまいます。

根っこの話を思いだしました。

心のどこかで思ったことが枝葉になって表面化するそうです。

性根が悪いと信頼されないでしょうね。

今日も一日がんばります。