何如なれば達人と謂うべき①

子張問う、士、何如なれば斯れ之を達と謂うべき。子曰わく、何ぞや、爾の所謂達とは。子張対えて曰わく、邦に在りても必ず聞え、家に在りても必ず聞ゆ。(顔淵第十二)

しちょうとう、し、いかなればこれこれをたつというべき。しのたまわく、なんぞや、なんじのいわゆるたつとは。しちょうこたえていわく、くににありてもかならずきこえ、いえにありてもかならずきこゆ。(がんえんだいじゅうに)

【訳】
子張が「士はどういうのを達人と言うことができましょうか」と尋ねた。
先師が逆に尋ねられた。
「お前の達人とはどういうのかね」
子張がお答えした。
「国にあっても評判がよく、家にいても評判がよいということでございます」

8月10日、論語一日一言の今日の言葉です。

”有名人であるより達人をめざせ”と論語コンプリートにあります。

言ってることとやっているいることが違うのは一番問題です。

しかし、自分も含めそういう人がいかに多いかと思います。

まずもって言い訳してますね。

それに気づき反省、反省の繰り返し。

論語で気づきまた反省ですね。

今日も一日がんばります。