2月5日、今日の論語一日一言です。

哀公問うて曰わく、何を為さば則ち民服せん。孔子対えて曰わく、直きを挙げて諸を枉れるに錯けば則ち民服す。枉れるを挙げて諸を直きに錯けば則ち民服せず。(為政第二)

あいこうとうていわく、なにをなさばすなわちたみふくせん。こうしこたえてのたまわく、なおきをあげてこれをまがれるにおけばすなわちたみふくす。まがれるをあげてこれをなおきにおけばすなわちたみふくせず。(いせいだいに)

【訳】
哀公(魯の君主)が先師に尋ねた。
「どうすれば民は心から服するか」
先師が答えられた。
「正しい人を挙げて用いて、曲がった人の上におけば、民は心から服します。曲がった人を挙げ用いて、正しい人の上におけば、民は心から服しません」

”能力と人格がある者が人の上に立つべきである”と論語コンプリートにあります。

誠実な人格者が上にいなければ、下の人はついてこない。

政治でも会社でも学校でも人間的に尊敬できる人が上に立たなければなりませんね。

人格者とはやはり正しい心の持ち主でしょう。

リーダーが曲がった心でただ自分の利益のことだけで何かをやろうとしてもだれもついてこないのは当然のことです。

自分自身にもしっかりと言い聞かせねばなりません。

リーダーとしてどう行動するか。

今日も一日がんばります。