何ぞ文を以て為さん

文は猶質のごとく、質は猶文のごときなり。虎豹の鞹は猶犬洋の鞹のごとくなり。(顔淵第十二)

ぶんのなおしつのごとく、しつはなおぶんぼごとくなり。こひょうのかくはなおけんようのかくのごときなり。(がんえんだいじゅうに)

【訳】
「本質と外形とは決して別のものではありません。たとえば、虎や豹の革が価値の高いのは毛があるからであります。もしその毛を取り除いたら、犬や羊の皮と同じだと言うようなものです」

8月2日、今日の論語一日一言です。

”外見と中身は別物ではなく一体である”と論語コンプリートにあります。

外ばっかりでも内ばっかりでもだめということは理解していますね。

中庸。

良いことは言えるし、また文章にも出来ます。

それが本心からで実践できるのかということが一番の重要な問題ですね。

でも、どっちからでもいいから始めなければ始まらないといこともあります。

今日もできることから手をつけようと思います。

今日も一日がんばります。