何か我に有らんや

子曰わく、黙して之を識し、学びて厭わず、人を誨えて倦まず。何か我に有らんや。(述而第七)

しのたまわく、もくしてこれをしるし、まなびていとわず、ひとをおしえてうまず。なにかわれにあらんや。(じゅつじだいなな)

【訳】
先師が言われた。
「黙っていて心を深く知り、学んで飽くことがなく、人を教えて怠らない。そのほかになにがあろうか」

4月18日、今日の論語一日一言です。

”学ぶことと教えることはあきない”と論語コンプリートにあります。

1)わかったことを口に出して人に言いふらさない。

2)学ぶことを嫌に思うこともない。

3)人あった教えをあきずに与える。

このような人物は目指す人物です。

何か一つでもで出来るように心がけなければいけません。

一番最初が一番難しいかもしれません。

人に話すことで自分に中に入ってくる場合があるからです。

ケースバイケースで臨機応変にやるしかないですね。

今日も一日がんばります。