仁は則ち吾知らざるなり

克、伐、怨、欲、行われざる、以て仁とすべきや。子曰わく、以て難しと為すべし。仁は則ち吾知らざるなり。(憲門第十四)

こく、ばつ、えん、よく、おこなわれざる、もってじんとなすべきや。しのたまわく、しのたまわく、もってかたしとなすべし、じんはすなわちわれしらざるなり。(けんもんだいじゅうよん)

【訳】
(原憲)が「克(他人に強引に勝とうとする心)伐(自らその功に誇る)怨(天をうらみ、人をとがめる)欲(ほしがる心)を制御して身に行わない人を仁者とすることができましょうか」と尋ねられた。
先師が言われた。
「それは難しいが、仁者であるかどうか私にはわからない」

9月14日、今日の論語一日一言です。

”仁とは学問、人への愛、忠恕などの積極的な面も要す”と論語コンプリートにあります。

克、伐、怨、欲。

こういう心を持たない。これもまた難しいものです。

「他人に強引に勝とうとする心」は時としてあります。

「自らの功績を誇る」自分の実績に満足することもあります。

「天を怨み、人をとがめる」捜しものがあるときは毎回そうです。

「欲しがる心」お金欲しいです。

でもこれは仁ではない。

仁は誠実で思いやりのある。愛のあること、学ぶこと。

難しいですね。

今日も一日がんばります。