2月18日、今日の論語一日一言です。

子曰わく、苟しくも仁に志せば、悪むこと無きなり。(里仁第四)

しのたまわく、いやしくもじんにこころざせば、にくむことなきなり。(りじんだいよん)

【訳】
先師が言われた。
「かりそめにも仁に志したならば、いたずらに人を退けたり拒んだりすることはない」
※悪を「あく」と読み、「過失はあっても悪を行うことはない」とする説もある。

”仁者を志している人は、悪いことをしない”と論語コンプリートにあります。

人格者を目指している人に悪い行いをする人はいない。

それはまさしくそうだと思います。

正しい行いを出来ない人間が人格者になれることはないですね。

士規七測の中に”人として生まれたならば、人が鳥や獣と違うことしらなければならない”ということもあります。

人間として生まれたからには仁者を志さなけばなりませんね。

今日も一日がんばります。