人は皆兄弟あり

司馬牛、憂えて曰わく、人は皆兄弟あり、我獨り亡し。(顔淵第十二)

しばぎゅう、うれえていわく、ひとはみなきょうだいあり、われひとりなし(がんえんだいじゅうに)

【訳】
司馬牛が浮かぬ顔をして子夏に尋ねた。
「人々に兄弟があるのに私だけいない」

7月25日、今日の論語一日一言です。

”死生は運命であり、富貴は天からの預かり物”と論語コンプリートにあります。

人が生まれれば死ぬことになる。

かならず死ぬ。このことは避けられないことです。

司馬牛さんは兄弟が欲しかったんでしょうね。

人とコミュニケーションをしっかりとり、礼を守る。

そうすると人類皆兄弟となる。

だから嘆く必要もないんでしょうね。

今日も一日がんばります。