1月20日、今日の論語一日一言です。

子曰わく、人の己を知らざるを患えず、人の知らざるを患うるなり。(学而第一)

しのたまわく、ひとのおのれをしらざるをうれえず、ひとのしらざるをうれうるなり。(がくじだいいち)

【訳】
先師が言われた。
「人が自分を知ってくれなくても憂えないが、自分が人を知らないのを憂えるのである」

”人の評価を気にせず励め”と論語コンプリートにあります。

他人が自分のことを評価してくれも嘆くことないそれは自分自身の問題。

しかし、自分自身が他人を評価しないことを問題にする。

人のことは良い面を見るようにしなければなりませんね。

人間、悪いところは目につくものですね。

そういうことも、多少の強制力がある方が身につきますね。

好循環を生み出すためにはありがとうが大切です。

今日も一日がんばります。