11月28日、今日の論語一日一言です。

子張、仁を孔子に問う。孔子曰わく、能く五つの者を天下に行うを仁を為す。之を請い問う。曰わく、恭寛信敏恵なり。(陽貨第十七)

しちょう、じんをとう。こうしのたまわく、よくいつつのものをおこなうとなす。これをこいとう。のたまわく、きょうかんしんびんけいなり。(ようかだいじゅうなな)

【訳】
子張が仁について尋ねた。
先師が答えられた。
「五つのことを天下に行うのを仁という」
子張は尋ねた。
「五つのこととはどういうことですか」
「それは恭寛信敏恵だ」

”仁の具体的な意味”と論語コンプリートにあります。

一、恭とは自分を慎んでおごらない
二、寛とは人におおらかなこと
三、信とは信義を守ること
四、敏とはすぐに実行
五、恵とは人に恵深いこと

このことを天下に行うということなんですね。

仁とは自分の心だけが良くなってもだめだとうことなんでしょうね。

世間に知らしめてみんなで実行できればそれは良い世の中になります。

しかし、共感はされても実行はなかなか難しいものですね。

共寛信敏恵

敏がぐっとくるものがあります。

すぐに実行。

気づくと同時に行うですね。

今日も一日がんばります。