之を行うに忠を以てす

子張、政を問う。子曰わく、之に居りて倦むこと無く、之を行うに忠を以てす。(顔淵第十二)

しちょう、まつりごとをとう。しのたまわく、これにおりてうむことなく、これをおこなうにちゅうをもってす。(がんえんだいじゅうに)

伊與田覺先生の解説です。

子張が政治のやり方にを尋ねた。
先師が答えられた。
「その位にいて、怠(おこた)ることなく、真心を込めてやることだ」

8月5日、今日の論語一日一言です。

”政治は熱意を持って誠実行うべきだ”と論語コンプリートにあります。

今の自分の立場で出来ることをしっかりと全うすること。

怠ってはいけませんね。

俺が俺がの我を捨てて、お陰お陰の下げに生きよう。

という言葉を思いだしました。

器以上のことは出来ません。しかし器までのことはしようと思います。

今日も一日がんばります。