之を繹ぬるを貴しと為す

説びて繹ねず、従いて改めずんば、吾之を如何ともする末きのみ。(子罕第九)
よろこびてたずねず、したがいてあらためずんば、われこれをいかんともするなきのみ(しかんだいきゅう)

【訳】
「喜んで意味を考えず、言葉に従うだけで改めようとしないようでは、私にはどうしようもないよ」

6月28日の今日の論語一日一話です。

正しいとわかったことは必ず改めていきたいと論語コンプリートにあります。

すべての責任は自分にある。

吹き出すように問題や障害は発生します。

うわべだけでは必ずぼろがでます。

考えて考えて考えても行動しなければ何にもなりません。

客観的に物事を見ることと、他人事のように思うことは違います。

自分の事なんです。他人の事ではないんです。

正しいと気づき行動することが大事ですね。

今日も一日がんばります。