之を繹ぬるを貴しと為す

子曰わく、法語の言は、能く従うこと無からんや。之を改むる貴しを為す。巽與の言は、能く説ぶこと無からんや。之を繹ぬるを貴しと為す。(子罕第九)

しのたまわく、ほうごのげんは、よくしたがうことなからんや。これをあらたむるをたっとしとなす。そんよのげんは、よくよろこぶことなからんや。これをたずぬるをたっとしとなす。(しかんだいきゅう)

先師が言われた。
「筋の通った正しい言葉はには、誰でも従わないことはなかろうが、それによって改めることが大切である。ものやわらかい言葉には誰でも喜ばないことはなかろうが、その意味をよく判断することが大切である。」

6月27日の今日の論語一日一話です。

”正しいとわかったことは必ず改めていきたい”と論語コンプリートにあります。

正しいこと。ものの道理。

誰がみても誰が行なって正しいとうことがあります。

掃除をすること、夫婦の仲がよい事、元気な挨拶など。

小学校の先生が教えるあたりまえのことはすべて正しい。

しかし、その正しいことを行わない。

朝起きもまさしくそうだと思います。

実践すべきことはたくさんあります。

いちばん私に一番大事なことはそろばんですね。

今日も一日がんばります。