6月28日の今日の論語一日一話です。

説びて繹ねず、従いて改めずんば、吾之を如何ともする末きのみ。(子罕第九)
よろこびてたずねず、したがいてあらためずんば、われこれをいかんともするなきのみ(しかんだいきゅう)

「喜んで意味を考えず、言葉に従うだけで改めようとしないようでは、私にはどうしようもないよ」

正しいとわかったことは必ず改めていきたいと論語コンプリートにあります。

口先だけの「わかりました」ほどどうしようもないということですね。

わかりましたと言っているのですかそこから先は何もできません。

このことはよくあることです。

自分自身でもそんなことがないかなぁと感じます。

道理のある言葉はそれは「わかりました」というほかありません。

それは具の根もでない言葉です。

それを素直に受け入れるて改めようと思うことが大切ですね。

今日も一日がんばります。