1月8日、今日の論語一日一言です。

子夏曰わく、賢を賢として色に易え、父母に事えて能く其の力を竭し、君に事えて能く其の身を致し、朋友と交るに言いて信あらば、未だ学ばずと曰うと雖も、吾は必ず之を学びたりと謂わん。(学而第一)

しかいわく、けんをけんとしていろをかえ、ふぼにつかえてよくそのちからをつくし、きみにつかえてよくそのみをいたし、ほうゆうとまじわるにいいてしんあらば、いまだまなばずというといえども、われはかならずこれをまなびたりといわん。(がくじだいいち)

【訳】
子夏が言った。
「学徳の備わった立派な人物を恋人を思うよりも敬愛し、親に対しては全力を尽くして考養に励み、君(国)に対しては身の安危をかえりみず忠誠を尽くす。友達と交わるときは絶対に二枚舌を使わない。こうであれば、まだ書物を読んで学ばないと言っても、私はすでに学んだ人だと言おう」

”学力よりも実践こそ「学びの結果」である”と論語コンプリートにあります。

どうすれば、実践する力が身につくのでしょうか。

とにかくひたすらに続けてみるしかないですね。

二枚舌は特にいけないですね。友人に嘘をつくなということです。

三省するのところでも友達と交わって嘘偽りはなかったかとありました。

誠が大切ですね。

親のところは反省することばかりです。

きっとその親孝行が出来ていないんでしょう。

実践で出来ていないことが多すぎなのでこれからも論語を読み続けるしかないですね。

今日も一日がんばります。