子曰わく、賢を見ては斉しからんことにを思い、不堅を見ては内に自ら省みるなり。(里仁第四)

しのたまわく、けんをみてはひとしからんことをおもい、ふけんをみてはうちにみずからかえりみるなり。(りじんだいよん)

【訳】
先師が言われた。
「知徳兼備の優れた人を見たら、自分もそのようになりたいと思い、つまらない人を見たら、自分はどうかと反省する」

論語一日一言、3月3日の言葉です。

”人を見て我が身を直す”と論語コンプリートにあります。

自分はどうかと常に問うことは大切なことですね。

人は鏡、万象はわが師と万人幸福の栞にもあります。

人を見て反省したり見習ったりすることが大切ですね。

自分は常に変えられるということもあります。

今日も一日がんばります。