子、子貢に謂いて曰わく、女と回と孰れか愈れる。対えて曰わく、賜や何ぞ敢て回を望まん。回や一聞いて以て十を知る。賜や一聞いて以て二をしる。(公治長第五)

し、しこうにいいてのたまわく、なんじかいといずれかまされる。こたえていわく、しやなんぞあえてかいをのぞまん。かいやいちきいてじゅうをしる。しやいちをきいてもってにをしる。(こうやちょうだいご)

【訳】
先師が子貢に話かけられた。
「お前と顔回とどちらが勝れていると思うか」
子貢が答えた。
「私はどうして回と肩を並べることができましょうか。回は一聞いて十(全体)を知りますが、私は一を聞いてせいぜい二を知る程度でございます。」

論語一日一言、3月16日の言葉です。

本日は除雪当番のためこの時間になってしましいました。

何とか今日中に更新できてよかったです。

”謙遜と自負を併せ持ちたい”と論語コンプリートにあります。

どんな立場になっても謙遜と自負は大切ですね。

この気持ちがなくなりますと思いやりの無い状態となります。

常に思いやりの気持ちをもって人には接したいものです。

明日も一日がんばります。