「孔子が言った。なかなかわたしのことをわかってくれないなぁ」

孔子もこうボヤいた。

弟子の子貢が、なぜボヤかれるのですかと聞くと、

孔子はわたしは天を怨まず、人を咎めず、

ただ自分の修養に努め、身近なことを通じて高い理念に達成しようと努力しているのに、

なかなかそれを理解してもらえないのだよと応じた。世の中には、

どんなにすぐれた人に対しても、

言わなくてもわかる相手、言えばすぐにわかる相手、

いくら言ってもわからない相手の三通りが存在する。

孔子にすれば三番目の「いくら言ってもわからない相手」が多すぎたのかもしれない。

童門冬二の論語の智恵一日一話の9月17日の言葉です。

孔子様ですらはわかってもらえないのですから、凡人経営者の私など到底わかってもらえるわけもありません。

高い理念で心も体も満ち溢れていてもわかってもらえない。

いろいろ学んでいこうとすると、「最近学びとかいってるけどすぐにあきるわ」とかの言葉が聞こえてきそうですがそういうものなのですね。

自分で意思決定して(たまに無理やり)の場合もありますが無駄になることはないですね。

今日も一日がんばります。