データ作成する場合は、Adobe llustratorを使用して下さい。

ファイル形式はEPSで保存して下さい。

文字データは文字化けなどのトラブルを避けるため必ずアウトラインにしてください。