子貢曰わく、孔文子は何を以て之を文と謂うや、子路曰わく、敏にして学を好み、下問を恥じず、是を以て之を文と謂うな・・・